表情ジワに効果的なボトックス

結構勘違いされている人も多くなっていますが、ボトックス注射は全てのしわに対して効果があるワケではありません。
表情ジワに限られており、その効果というのは顔の表情筋の影響により出来てしまっているシワなのです。

 

美容クリニックにおけるしわ治療のカウンセリング時に、ボトックス注射と併せて他の施術も相談をされてみると良いでしょう。
ヒアルロン酸注入などを一緒に受けることが出来るかどうかを、カウンセラーにアドバイスをもらうこともあります。
時代が変わる毎にエステで導入している機器も進化してきており、今では非常に効果的な機器が数多くあります。
特にキャビテーションが今大変注目されており、嬉しい痩せやすい体質を作ることが出来るのです。 ボトックス注射では改善することの出来ない表情ジワ以外のしわを無くしたい時には、ヒアルロン酸やコラーゲンの注入などを行います。
お肌の中からお肌のハリを保つ成分をシワの下部に注射で注入し、処置をしていくこととなります。



表情ジワに効果的なボトックスブログ:26-9-19

減量についていろいろと調べていると
「停滞期」という文字を目にすることがありますよね。

減量の停滞期というのは、
頑張って運動したり食べる事制限したりと努力しているのに
体重が一時的に減らなくなってしまう時期のことです。

減量の停滞期は、
人間の身体に本来備わっている、
生命維持機能であるホメオスタシスという、
危機管理システムによって起こるといわれています。

つまり、
身体を守るために食べる事量を減らしても、
体重を維持してしまうシステムなんです。

身体がエネルギー不足と判断し、
少ない食べ物でも効率的に利用できる身体にしてしまいます。

なので、
余り食べないのに、
体重が減らないといった状態になってしまうわけです。

この減量の停滞期は、
個人差はありますが約1ヶ月程度あると言われています。
減量を成功させるためには、
この1ヶ月を上手に乗り切ることが大切なんです。

体重の5%以上体重が減ると
減量の停滞期が訪れるといわれています。

停滞期が1ヶ月ほど続くと
身体の危機管理体制が解除されて停滞期が終わり、
また次の停滞期まで
体重を減らしていくことができるようになります。

停滞期だからといって
あせらず、あきらめず、根気よく
減量を継続することが大切です。

停滞期に減量を中止すると
リバウンドを引き起こしてしまいます。

減量開始前よりも
体重が増えてしまったり、
痩せにくい身体になってしまうので、
停滞期中でも減量を続けることが大事なんです!